2017年05月26日

手芸ブログを作った

おうちの中でできる、清潔な趣味であるところの「手芸」。
リアル友達のパッチワーク作家の愛糸さんに教わることにしました。
その名も
「愛糸’s倶楽部」
それで、
今日、栄えある第1回目の手芸教室「愛糸’s倶楽部」がうちで開催されました☆
hanaさんにも来てもらって、布選びをしてもらったり、
小花のお手本を縫ってもらったりしました☆

で、
愛糸さんのブログがアメーバブログなので、

ですので、今後は手芸に関しては、そっちにアップすることにします☆

・・・ああ、あっちこっちにブログを作るとアップアップしちゃうかもしれませんが、
ちょっとやってみますので、たまに見てくださいね☆
20170526 (3).jpg
愛糸さんの作品たち。縫い目が超細かいんですよ~。

201705268.jpg
愛糸さんにレシピを書いてもらっているところ。
hanaさんが布選びをしてくれているところ。

2017052610.jpg
こんな作品を作りたいです☆
使用する予定の布たち。by hanaさんが選んでくれた

20170526 (2).jpg
刺繍もやるつもり☆やる気もりもり





posted by ゆま at 22:55| 東京 🌁| Comment(0) | 刺し子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

乳癌と飲酒②

乳癌と飲酒について、日本のこういう研究もあるようです。
すでに平成18年(2006年)ごろまでに調査して2010年に発表されているようですね。

トップ >多目的コホート研究 >現在までの成果 >飲酒と乳がん罹患との関係について)

以下コピペです。

飲酒と乳がん罹患との関係について

「多目的コホート研究(JPHC研究)」からの成果

私たちは、いろいろな生活習慣と、がん・脳卒中・心筋梗塞などの病気との関係を明らかにし、日本人の生活習慣病予防に役立てるための研究を行っています。平成2年(1990年)と平成5年(1993)年に、岩手県二戸、秋田県横手、長野県佐久、沖縄県中部、茨城県水戸、新潟県長岡、高知県中央東、長崎県上五島、沖縄県宮古、大阪府吹田の10保健所管内にお住まいだった、40~69歳の女性約5万人の方々を対象に、生活習慣についてのアンケート調査にお答えいただきました。その後平成18年(2006年)まで追跡した調査結果に基づいて、飲酒と乳がん発生との関連を調べた結果を論文発表しましたので紹介します(International Journal of Cancer 2010年127巻685-695ページ)。

エタノ-ル摂取量が多いほど、乳がんになりやすい

平均約13年間の追跡期間中に、572人に乳がんの発生を確認しました。
研究開始時、その5年後、10年後に実施した計3回のアンケート調査への回答から、対象者を「過去に飲んでいた」、「飲んだことがない」、「時々飲む(月に1-3日)」、「週にエタノール換算で150g以下の飲酒」、「週にエタノール換算で150gより多い飲酒」の5つのグループに分けて、乳がんの発生率を比べてみました。
飲酒量が多い、つまり「エタノ-ル換算で週150gより多く飲酒」するグル-プでは、「飲んだことがない」グル-プに比べて、乳がんリスクが1.75倍(約75%)高いことがわかりました(図1)。エタノール換算で150gに相当する飲酒量は、日本酒なら約7合、ビールなら大瓶約7本、ワインなら約14杯(1杯100ml)、ウイスキーならダブル約7杯です。

図.飲酒習慣と乳がん罹患

また、「過去に飲んでいた」グループも「飲んだことがない」グループに比べて、リスクが上昇していました。しかし、これは、飲むのをやめたためにリスクが上昇したというよりは、むしろ、乳がんなどで健康状況がおもわしくなくなった結果、飲酒をやめた人がこのグループに含まれる影響が現れたのではないかと考えられます。
尚、分析にあたっては、乳がんに関連する飲酒以外の要因(年齢、体重、喫煙、初潮年齢、妊娠回数、閉経年齢など)が結果に影響しないよう考慮しました。

閉経前でも閉経後でも、飲酒がリスクに

対象者を閉経前と閉経後に分けて調べたところ、閉経前では、飲んだことのないグループと比べて、飲酒量の最も多いグループで1.78倍の乳がんリスク上昇が統計的有意に認められました。閉経後では、グループごとのリスクの高さは明確ではありませんでしたが、飲酒量が増えるにつれて統計学的に有意なリスク上昇の傾向が認められました。
また、「過体重」、「飲酒による赤くなる傾向」、「喫煙」、「葉酸摂取」、「イソフラボン摂取」などの状況でグループ別に分けてみても結果に違いは認められませんでした。
今回の研究では、対象集団に大量に飲酒する女性が少なく、また、「ときどき飲酒する」グループでは具体的な飲酒量のデータが得られず一括りになっているため、飲酒量の増加にともなう乳がんリスク上昇がわかりにくくなっているかもしれません。それでも、今回の結果から、日本人女性において飲酒による乳がんリスクが高くなる可能性が示されました。

アルコール摂取で乳がんリスクが上昇する理由

飲酒と乳がんリスクの関連は、動物実験や、主に欧米の疫学研究で、すでに数多く発表され、国際的な評価では飲酒が乳がんリスクを高めるのは確実とされています。
生物学的機序として、お酒に含まれているエタノールが分解されてできるアセトアルデヒドがもつ発がん性、アセトアルデヒドによるDNA合成・修復に必要とされている葉酸の破壊、また、アルコールによる乳がんリスク要因である女性ホルモンなどへ影響、などの可能性があげられますが、はっきりとわかっておらず今後の研究が必要とされています。

乳がんを予防するためにも、節度ある飲酒を

今回の前向き追跡研究の結果、欧米とは、酒の種類、量、遺伝的背景、環境要因などが異なる日本人においても、飲酒する人はしない人にくらべ、乳がんになりやすいということが、改めて裏付けられました。
国際的評価と同様、日本人においても、お酒を飲みすぎないことが乳がん予防につながるのは確かなようです。





posted by ゆま at 11:17| 東京 ☔| Comment(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

飲酒と乳癌

やはり、飲酒と乳がんは密接に関連付いているようです。

このCNNの記事(2017年5月24日付)から


さて、私は乳癌のリスクは低いほうです。


即ち、エストロゲンにさらされている期間が長くはない、ということ。

①初潮の年齢は低くない。(11歳)

②閉経の年齢は高くない。(50歳)

③子供の数は多い。(妊娠&授乳期間はエストロゲンにさらされない)


しかし、乳がんに罹ってしまいました。

何故だろうと考え、

①そもそも私という人間は、ホルモンが多く分泌するタイプなんだろう。(原発性アルドステロン症もアルドステロンというホルモンを過剰に分泌)

②アルダクトンA(スピロノラクトン)を2年以上欠かさずきっちり飲んできた。(マウスでは乳がんにかかる報告あり)

③3年前まで習慣的に飲酒していた。(「のど越し生」と「氷結」がお気に入り)

だからだろうと予想している。。。。

(もう一つ④も考えているが、パニックになる人がいると困るので言うのをやめておきます・・・)


で、私は子供には、

「お母さんが乳がんになっちゃったのは、飲酒が関係していると思う。

お母さんを反面教師として、飲酒だけはしないようにしてね」

と、乳癌と判明した当初から言っています。


ああ、自分勝手なお母さんであります。。。。。


以下、CNNニュースのコピペです。

今後、石原先生や日経メディカルが詳しく解説してくれると思います。よろしくお願いします☆




乳がんのリスク、毎日1杯の飲酒でも増大か 国際共同研究

2017.05.24 Wed posted at 11:33 JST

(CNN) 乳がんのリスクと食生活や運動など生活習慣との関連を調べた新たな研究で、1日1杯以上の飲酒がリスク増大につながるとの結果が報告された。

世界がん研究基金(WCRF)と米国がん研究機構(AICR)が共同で実施した研究によると、毎日10グラムのアルコールを摂取した場合、乳がん発病のリスクは閉経前の女性で5%、閉経後では9%増大することが分かった。

10グラムのアルコールは、ワインなら小さいグラスに1杯、ビールなら約240ミリリットル、蒸留酒なら約30ミリリットルに相当する。


研究を率いたフレッド・ハッチンソンがん研究所(米シアトル)のアン・マクティアナン博士は「1日1杯でもリスクが増大するという結果には驚いた。1杯ではわずかな差だが、それ以上の量になるとリスクはさらに大きくなる」と話す。AICRは女性のがんリスクを抑えるために、飲酒を1日1杯までにとどめることを提唱している。

研究チームは世界各地で過去に実施された追跡調査119件を分析した。対象となった女性は1200万人に上り、このうち26万人余りが乳がんを発症した。

飲酒との関連を調べるのに使われたデータでは、閉経前に4000人余り、閉経後に3万5000人余りが乳がんと診断されていた。

飲酒がリスクを増大させる原因はいくつか考えられる。乳がんの主要なリスク要因として女性ホルモンのひとつ、エストロゲンによる影響が指摘されてきたが、アルコールはそのエストロゲンの血中濃度を上昇させたり、エストロゲンががん細胞と結びついて増殖を促す作用を強めたりするとの報告もある。

この研究ではさらに、早歩きなどの運動によって閉経後の乳がんリスクが小さくなることも分かった。閉経前の女性も、ランニングやサイクリングなど強度の高い運動でリスクが抑えられるという。

専門家によれば、活発に運動するグループとそうでないグループでは乳がんの発症率に約20~30%の差があるとも報告されている。

マクティアナン博士によれば、1週間に計2時間半以上、早歩きかそれと同等以上の運動をするのが望ましいという。









posted by ゆま at 16:04| 東京 ☁| Comment(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェマーラをいったん中止した

先週は、
①個人医院のk先生の診療、
②大病院の放射線科のd先生の診療、
そして、
今日は、
③大病院の乳腺外科のA先生の診療
がありました。

1月に抗がん剤を終了して、
2月から放射線治療をして4月半ばで終了して、
放射線治療から1か月経ちました。
抗がん剤治療からは4か月経ちました。
2月からホルモン療法のフェマーラを飲んでいますが、
ホルモン療法が始まって3か月経ったところです。

で、
大病院では2月に血液検査をしたあと、
血液検査はしていませんでした。

個人医院のk先生のところでは、
4月初旬に、
一般的なものとアルドステロン、レニンについて血液検査を行いました。

で、その検査で白血球が1100しかない、
ってことで、k先生がうちに電話をくださった、
というのは、前に書いたと思います。

そして、大病院にすぐさま連絡したんだけれど、
乳腺外科では、看護師さんが
「確かにびっくりするくらいとっても低いけれども、A先生には想定の範囲内のようですね」
ということで、今まで通り生活してよい、熱が出たら連絡して、ということでした。

4月はまだ放射線治療中だったので、放射線科のD先生に伝えたら、
「抗がん剤投与からは時間が経っているので、
もしかしたら、リンパ球が減っているのかもしれない」
という見解でした。

で、
その見解を、先週の受診時にk先生にお話ししたら、
「好中球も減っている。だから電話したのに・・・!!」
と詳しい検査結果を見て%から値を計算すると、
ちょっと憤った様子でおっしゃいました。。。

私には詳しいことは分からないけれど、
やっぱり4月の時点で、
k先生のおっしゃるように、白血球数はびっくりするくらい少なくなっていて、
しかも、好中球が主に減っていたようです。
熱が出なくて本当に良かった。

そして、
今日(5月下旬)、大病院の乳腺外科の3か月目の検診だったんですが、
血液検査を
「今日もしない」
というA先生に、
「どうしてもして欲しい」
って結構食い下がりました。。。。

そして、白血球のことに関してのみ、血液検査をすることになりました。

その結果・・・・。
白血球数1600。

やはり、かなり少ない、ということが分かりました。

A先生は
「好中球も少ない。これは、放射線の影響じゃないと思う。
抗がん剤ももうずいぶん経つので考えにくいし。
ごくごくまれに、フェマーラで白血球が減る、という報告がないこともない。
フェマーラを一旦中止し、
2週間後、再検することにしましょう。」

とおっしゃいました。
おお☆彡
フェマーラ、中止かあ。
嬉しいなあ。
なにしろ、関節が痛くて痛くて、ひどい状態でしたので☆彡

そして、フェマーラを中止して、2週間後血液検査で白血球数が上がっていれば、
フェマーラのせい、ってことがはっきりします。
その場合は、他のホルモン治療の薬に替えるそうです。

じゃあ、もし、白血球数があがってこなかったらどうするんだろう。。。
私はずううっと感染症にかかりやすい状態のまま、過ごすことになるんだろうか。。。。

うーむ。

追記・・・。

私には今一つわかりにくいんだけど・・・。

それは、
「フェマーラをいったん休止して、2週間後に再検して、白血球数が上がっていれば、フェマーラのせいだから、フェマーラを辞める」
という件なのですが、
「白血球数は、体調が回復すれば、回復してくる」物でもあるんじゃないのかなあ。

ということは、フェマーラを休止しようがしまいが、回復してくるんじゃないかなあ。。。。
だから、回復しても、それはフェマーラのせい、ということだけじゃないんじゃないかなあ。。。。

ってことが、いまいち釈然としません。。。

フェマーラを別の薬に替える、っていうのは、賛成ですけどね。
このままじゃあ、関節が痛くて痛くて、うまいこと眠れませんぜ。


またまた追記・・・。

フェマーラ、もうやめたいですよー。
乳癌仲間が
「何故フェマーラ飲んでるの?」
って聞くので、
逆に
「閉経後のホルモン治療はフェマーラが第一選択じゃないの?」
って聞き返しちゃいました。
だって、先生から他の薬のことは全然言われなかったですもん。

でも、その人は、
「アリミデックスじゃないのかな、第一選択は。」
って言ってました。。。

まあ、調べてみたら、他のアロマターゼ阻害剤と比べると、フェマーラはより効きが早く、また、リンパ節転移がある場合や、抗がん剤治療を受けたことがある症例に対して高い効果を上げやすいとの報告があるようなんですよね。
だから、A先生は、「私に関しては」第一選択だったのでしょう。フェマーラが。

また、フェマーラは外国(アメリカ)では1996年から使われていて100か国で承認されているそうなんですけど、日本での承認は2006年で要するに新薬なんですね。
フェマーラに関する国内臨床試験の結果]
(閉経後進行再発乳がん患者を対象)

奏効率(CR+PR)23.9%(21/88例)
クリニカルベネフィット率
(CR + PR + 24週以上のNC)
43.2%(38/88例)
転移病巣部位別奏効率
内臓22.9%(35/88例)
15.0%(20/88例)
軟部組織30.3%(33/88例)
この先の状況如何では、アリミデックスかアロマシンになるのでしょうね。アロマターゼ阻害薬。






posted by ゆま at 00:15| 東京 ☀| Comment(2) | ホルモン療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

大崎駅から成田空港へのバスが1000円!!

三女が高校の研修旅行でカナダに旅立ちました。
成田空港に送っていったのですが、
いつもながら、親の方は海外旅行には全くと言っていいほど縁がないのに、
子供の方は色々行けていいなあと思います。

そして、成田空港は好きだから、送っていくのは良いんだけれど、
電車代がバカにならないんですよねえ。

だって、一人片道こんな感じだ。↓

京成スカイライナーだと「上野駅→成田空港」2465円。
成田エクスプレスだと「新宿駅→成田空港」3190円。
成田エクスプレスは、「立川→成田空港」なら4290円だ。
リムジンバスは、「東京駅→成田空港」3100円。
リムジンバスは、「新宿駅→成田空港」も3100円。
リムジンバスは、「吉祥寺駅→成田空港」も3100円だ。。。(一緒なのかな?料金・・・。)

上記の金額に、そこまでの電車賃がかかるから、だいたい一人片道3600円~4500円ぐらいかかっちゃう!!
海外に行く人なら良いかもしれないけど、ただの見送りに、行って帰って7000円以上かかるのは、理不尽だ!!
って思っちゃう。

でねえ、調べていたら、こんなの見つけました。
千葉交通・京成バス
山手線の品川の一個手前の大崎駅から出ているバスで、
「大崎駅→成田空港」正規料金1200円!!
事前決済(web予約クレジットカード決済)1000円!!!

おお!!

でも私は最初、このページを見つけたの。
それで、
『なんだか怪しそう』
って思って、おまけにクレジット決済だし、正規料金もいくらだかよくわからなくて。

でも、
『早めに出て、大崎駅でうまく乗れなかったり、正規料金が高かったら、東京駅に出てリムジンバスに乗ろう』
と思って、行くだけ行ってみることにしました。

因みに私は、今までは、成田空港に行くのはすべて成田エクスプレスで行きました。
もひとつ因みに、羽田空港に行くのは浜松町からモノレールが好きですねえ。品川駅から京浜急行もありますけどねえ。

で、大崎駅にはじめて降り立ってみましたが、素敵☆彡
近代的☆彡
しかも、バス乗り場が近い☆彡
南口改札を出て右手の「新西口」に行くとすぐにあります、バス乗り場。
そして、早めに着いても、スタバもあるし、TSUTAYAもある。お茶できます。

我々は、お茶しないで、バス乗り場にいた赤い上っ張りの制服を着たお姉さんに、
「予約しなかったんですけど、乗れますか?おいくらですか?」
と聞くと、
「予約した人から先のご案内なんですけど、そして、正規料金が1200円なんですけど、空席がありますので乗れますよ。」
ということでした。
10分前からの乗車で、自由席です。予約の人たちが来ましたが、ほんの少しで、すぐに乗ることができ、座席も余裕でした。
そして、運転手さんも親切で、快適でした☆彡

このバス、京成バスと千葉交通とウイラーバス(?)が千葉県芝山町役場と提携して運行しているようで、大崎駅→成田空港→芝山町行なんですね。
怪しいのかと勘違いしてしまいましたが、全然違いました☆

乗客が全然いないので、きっと赤字路線でしょう。なくなると困るので、みんなどんどん乗ると良いと思います☆
って言っても、私自身は海外旅行、これから先も多分しないと思いますけど。。。。

今頃、エアカナダで雲の上の三女たち。無事着いて、無事過ごして、無事帰ってきてほしいです。そして、帰ってくる日本が無事でありますように。

↑成田空港→大崎駅(1200円)の切符。
帰りは成田空港1階のバスのカウンターで買いました。



posted by ゆま at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

新しく、医療用玩具が置いてあった☆

放射線治療が終わってから、一か月経ちました。

おお!!もう一か月かあ。早いなあ。
一か月目の検診です。
しばらくぶりで病院の地下、放射線科に降りて行きました。

すると、放射線科の受付に素敵な木のCTやリニアックが!!
可愛過ぎる~☆

「かわいいですねー」
というと、受付のお姉さんが、

「子どもたちがCTや放射線を受けるときに、怖くないように、
説明するための、医療用玩具みたいなんですけど、
全部手作りで、肌触りがすごくいいから、とても丁寧に紙やすりとかをかけたんじゃないかなーと思います☆
リニアックもほら、動くんですよー。一周するの。
ベッドも動くんですよー。」
と言って、見せてくれました。

写真に撮って良いか聞くと、
良いということだったので撮らせてもらっちゃいました☆

ここの製品みたいです。

日本初の医療用玩具なんですねー。
すごいなー。いろいろあるー
すごく丁寧で、木のぬくもり、って感じです。

いやあ、一か月前のことを色々思い出しましたよ。
リニアック室にあった放射線の機械はこういうふうに動いてたなー。確かに。
ミニリニアック (3).jpg
最初機械は上で、「98.3」とかって言われて位置調整してくれて、

ミニリニアック (8).jpg
次は、私は左胸だから、左に首(?)を傾けて、また放射線かけて、
ってこういうふうだったなあ。思い出すわあ。

ミニリニアック (4).jpg
この医療用玩具はとってもよくできていて、
このリニアックの機械、一周できるんですよ。

ミニリニアック (7).jpg
ほーら、こんな下だって☆彡

ミニリニアック (6).jpg
ぐるっと一周

ミニリニアック (5).jpg

ミニリニアック (1).jpg
元に戻りました☆
ベッドも前後に移動できます。

ミニリニアック (2).jpg
後ろから撮ったところ。

次は、CT。
ミニCT (4).jpg
これもすごいでしょ。この状態で人が乗って、
ミニCT (5).jpg
だんだんCTの機械に近づいて、
ミニCT (6).jpg

ミニCT (3).jpg
通りすぎるところまで再現できるのねー。

ミニCT (2).jpg
堀内ウッドクラフトさんなのね。

というわけで、受付に置いてあった小児のための説明用医療用玩具でした☆彡
こんなのあるんですねー。作り手の丁寧さが伝わってきました☆


続きを読む
posted by ゆま at 00:19| 東京 ☀| Comment(2) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

100均でフルイ(カゴ)を買った

うちの庭のブルーベリーがにわかに気になりだしちゃって、
ブルーベリーのマルチについて検索していたときに、
はみだし様の農園のブログを発見しました。

あまりにも面白く、具体的でためになるので一気に読んでしまいました。
中でも、私のうちのチャンドラーと一緒に買った(と思われる)スパルタンがぽきんといって枯れてしまった原因がわかり、
『そうだったんだ―』
と感慨深かったです。
(スパルタンは台木のところから折れやすいそうなんですよ。)

そして、昨日のブルーベリーの品種、
島村農園から多分10年前ぐらいに購入した「秀逸な」ティフブルーがどれかを教えていただいて、ありがたかったです。
ティフブルーはラビットアイ系なのですが、島村速雄さんが「秀逸である」って解説してくださりながら、売ってくれたんですよ。
・・・島村速雄さん、というのは、日本ではじめてブルーベリーを商業栽培した方なんですよ。
たしか、東京農工大の学生の時に、師事していた岩垣駛夫(いわがきはやお)教授が1952(昭和27)年に北米からブルーベリーを持ち帰り、学生の中で近くに農園を持っていた島村さんに、
「ちょっと植えておいてってお父さんに言ってくれないかな」
みたいに頼んで、それで島村さんがブルーベリーを栽培することになり、1968年(昭和43年)から、商業栽培もすることになった、と記憶しています。(小平市のホームページに記載がありました!)

で、通勤の時に通るので、いつか買いたいな、と思っていて、10年前のあるとき、思い切ってピンポンしてみたんです。
そうしたら、ちょうどいらっしゃって、私が、
「ブルーベリーの苗木が欲しい」
というと、奥の大きなビニールハウスに連れて行ってくれました。

そしてねえ、島村さんは、なんとブルーベリー初心者の私に、1時間以上もブルーベリーのレクチャーをしてくれたんですよ!!
その時、
「このあたりでは、ラビットアイが初心者には育てやすい。
ラビットアイには、ホームベル、ウッダート、ティフブルー、バルドウィンがあるが、
ホームセンターなどで、ただ単に『ブルーベリー』と書いてあるのはホームベルのことが多い。」
のようなことをおっしゃいました。
そのころ、我が家には、まさにただ単に『ブルーベリー』って書いてホームセンターで売っていたブルーベリーの木が一本ありましたので、それはホームベルなんだな、と思いました。

ですので、
「もうホームベルはあるので、ティフブルーかバルドウインが欲しいです」
というと、2年物と3年物があり、大きく違うが、といいます。
私は違いも何もわからないので、「安い方ください」と言いました。
それで2年物を買うことになりました。

そして、島村さんは、
「ブルーベリーというものは、取ってからは追熟しないので、
いかに完熟してから摘み取るかが大事。
樹の上で完熟したブルーベリーは皆美味しいものである。」
とおっしゃいました。
その上で、
「バルドウィンはとても良いのだが、晩生(おくて)なので、早めに摘み取って「おいしくない」と言われがちである。
初心者には難しいかもしれない。私はティフブルーは秀逸だと思う。ティフブルーをお勧めする」
と言ったのです。

私は、
『ティフブルーもバルドウィンもどっちも欲しい!!』
って思ったのですが、苗木は物凄くたくさんビニールハウスにあったのですが、あれこれと選んでくれて、ティフブルーを1本だけ売ってくれました。

っていうわけで、その後、ブルーベリーもブームになって、ホームセンターでもオザキフラワーパークでもきちんと品種と名前まで付けられたものが売られるようになり、買い足していきました。(その割には名前を覚えてないのばっかりだけど。。。)

だから、ティフブルーがどれか、っていうのは私にとっては大事なことなんですよ☆彡

だって、日本初のブルーベリー園の子孫のティフブルーってことですよね☆
いやあ、島村さんはあのとき、見知らぬ初心者の私に、ティフブルー一本売るのに1時間以上色々教えてくれました。
全く商売っ気が無い人なんだなー、と思いましたよ。そのころは市議会議員さんだったのかな。そういう感じも全くしなくて、農家でブルーベリーのことが大好きなおじさん、って感じでしたが。

あのころとは今は全然違って、この辺りでもブルーベリー園があちこちにある状況です。
今、突然行って、同じように売ってもらえるかどうかは分かりませんが、思い出のティフブルーですねー。


おおっと、そういうわけで、はみ出し様、どうもありがとうございます。
ティフブルーがわかってすごくうれしいです☆

さて、はみだし様が、「フルイ」について耳寄り情報を教えてくれました。
それは、100均でかごを買い、それをフルイにすると良いよ、ってことです。

私は既に、100均でかごを買って、それをフルイにしていました。
しかし、はみだし様が言っているカゴとはちょっと違うようです。
それで、今日、ダイソーに行ってきました。
そして、
「おお!!これは!!」

って思いました!!

私の買ったカゴとはみだしさん推薦のカゴは、全く違ったのです!!
どう違ったかというと・・・・。

私のフルイとして使っている100均のカゴ↓
basuketto2.jpg

はみだしさんご推薦の100均のカゴ↓
basuketto1.jpg

この二つがどう違うか。
お分かりになりますか?

実は大違いなんですよ☆彡

ヒント。
①私の方は、底の網の部分が2㎝×0.5㎝
②はみだしさんの方は、1㎝角。

でーす。
答えは・・・・














はみ出しさんの方が、スギナ&ドクダミの根っこの切れっぱしを通しにくい。

です!!

これはねえ、私にとっては超大事なことなんですよ。
ありがとうございます☆


posted by ゆま at 21:35| 東京 ☀| Comment(2) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

ブルーベリーの状況

今日もお隣(園芸農家)の奥様と庭仕事の時間が一緒になり、少しお話ししました。
お隣の畑に植わっている苗木(キンモクセイとか、欅とか)や苗(ジャガイモ、サトイモ、やつがしら、ズッキーニ、トマト、スイカ、オクラ、メロン、キュウリ、ゴーヤ、などなど)がどれがどれであるか、とか、マルチングやトンネルのこと、とかをお話ししました。

園芸って面白い☆彡

今は外に出ることについての種々の心配事項もあるけれど、
心配して家の中でじっとしていても、事態が劇的に変わるわけでもなし、
雨に濡れないようにだけ、マスクちゃんとすることだけ、考えよう、って思っています。

さて、うちの第一マルチのキュウリ&ゴーヤは無事根付き、ゴーヤは早くもツルのの先っぽがネットを捉えた模様です。
キュウリは接ぎ木でない方の、安かった苗(60円)が元気が良いです。うどんこつよし君も元気です。

第二マルチのオクラ五人衆なんですが、
悲しいことに、一番右端の「八丈オクラ」、これは大きく2メートル以上にせいちょうするはずだったのですが、
八丈オクラだけ、しおしおと萎れちゃって、持ち直すかと思っていたのですが、どうやらお亡くなりになりそうです。。。380円もしたのに。。。どうしてかな。。。
他の4人は元気です。
また、鉢植えのオクラも1本あるのですが、これが一番すくすくと育っているかな。

鉢植えのミニトマト「アイコ」も、
地植えのほったらかしミニトマト「マンマミーア」も元気で、
マンマミーアはさっそくというかもうすでに青い実がなっています。

庭の他の部分も掘り返して、フルイにかけましたが、
石が多くてねえ。。。
石は取っても取っても浮いてきますねえ。
で、その今掘り返している部分をいずれ、第三マルチにして、
ズッキーニを植えようかなーと思っています。
お隣の奥さんもズッキーニ好き、っておっしゃっていて、
病気にも害虫にも強いらしいので、
受粉させるのだけ忘れないように、挑戦してみよう、って思っています。


さて、うちのブルーベリー7人衆。
赤い目(ラビットアイ)系とハイブッシュ系があるんですけど、
チャンドラー以外、「多分ホームベルかな」「多分ティフブルーかな」みたいな感じで、
なんていう品種なのか、はっきりとはわかりません。

こうなってくると、名前が知りたい―、
って感じなんですけど、
もし万が一、名前がお分かりになる方がこれを見て、ピンとくることがあったら、
ぜひぜひ教えてください。。。
(はみだしさま、もし見て、お気づきになられましたら、ぜひよろしくお願いします。。。)

こんな感じです。
母の日(5).jpg
↑たぶんチャンドラーだと思っているもの。一番大粒。鳥さん、食べないでー。
19391.jpg

19389.jpg
小さくて赤い。葉っぱも葉脈が浮いて、クロロシスかなあ。(ノД`)・゜・。。

19387.jpg
目が赤いから、ラビットアイかなあ。ティフブルーかなあ。

19388.jpg
ハイブッシュ系かなあ。

19386.jpg
うーん。

19385.jpg
ホームベルかなあ。これが一番樹は大きいです。
19395.jpg
同じもの。

19394.jpg
これもなんだろう。結構甘いタイプ。

以上です☆
ブルーベリーの名前は、今私の一番のミステリーでーす。






posted by ゆま at 13:08| 東京 ☁| Comment(4) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

母の日

娘たちから、
母の日にカーネーションをもらいました☆

庭に植えられるように、つぼみがたくさんついているのを選んだそうです。
母の日 (1).jpg

それから、写真のアルバムをもらいました。
アルバムの下にかわいい手作りのものが。
hahanohi1.jpg
母の日 (4).jpg
よくこういうの作れるねえ。
私にはない才能(アイデア)だ・・・。
隔世遺伝なのかな。
主人の方なのかな。。。
不思議だ・・・。

父の日のもついてました。
titinohi.jpg
19377.jpg
っていうか、
母の日、父の日、敬老の日、
良い夫婦の日、ハロウィン、
クリスマス、お正月、バレンタインデー、ホワイトデー、
ひな祭り、子どもの日、
そして、各誕生日―

・・・行事に追いまくられる日々ですよねえ。。。。

世間の商魂に振り回されてはいけない、
でも経済は活性化させなければ、
お金は使わなければ回っていかない・・・・

なんて考えちゃう私は相当なひねくれ者だな。。。

っていうか、
そんなわたしに、
ベタな贈り物が、
実はとっても嬉しいものだったです☆

カーネーションと写真、ありがとう☆
posted by ゆま at 09:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

カスミソウは臭いのか?

自転車を置いてきてしまった娘を、車で駅まで送ったついでに
農協の即売所に寄ってみました。
前から即売所は気になっていたのですが、
一度も入ったことはありませんでした。

で、入ってみると野菜が安いし新鮮☆彡
色々買いました。
とんがりキャベツ180円
スナックエンドウ150円
ニンジン150円
などなど。

(スナックエンドウはスナップエンドウなんじゃないかな、と思いましたが、
全部に「〇〇さんのスナックエンドウ」、って書いてありました。)

さて、一通り買って外に出ると、野菜やお花の「苗」が売っています。

ああ!!ホームセンターで売られているのよりうんと安い!!
同じ「サカタのタネ」や「タキイの種」のブランド野菜だ。

・・・でももう庭は満杯だから、買うのはやめよう。。。。

と、決心したんだけど。。。
なんと可憐な真っ白な小さい花☆彡
それが私の目を捉えて放しません。。。

黒いポリポットにこんもりと咲いた真っ白な花。

カスミソウです。

『ああ、これだけ、これだけ買うことにしよう』
私は思い、カスミソウ120円也を一つだけ買いました。

そして、ちょっとルンルンな気分で家に帰りつき、
庭に出ました。

花が植わっているところを掘り返すと、
やはりスギナの根っこが。。。。
今までに植わっている白いパンジーやキンセンカなんかをもう一回植え替えて、
カスミソウの場所を確保します。

そして、そっとカスミソウをポットから出して、植えました☆

かわいい☆

カスミソウは花束の中で一番かわいいし、
名前も可憐で
大好きです。

満足して部屋に戻り、
手を洗ってパソコンで
「カスミソウ」を検索しました。

育て方とかが書いてあるかなーと思って。。。。


そうしたら。。。

なんと!!!!
私が見たのには、クイズが書いてあって、

「さて、カスミソウはどんな匂いでしょう。
①独特な匂い
②ウ〇チくさい
③加齢臭くさい」

正解はーーーー










「全部正解。植えるのは考えた方が良いです」








えええええええ!!!!?


そして、別の何人かのお花屋さんも、
カスミソウの箱を開けるとき、
匂いが物凄い、
って書いてあって。。。。

・・・


カスミソウにも種類があるのと、匂いのしないのもありそうなんですが、
最初は無臭だったのに植えているうちに匂ってきた、
っていうブログもあり。。。。

ああ、今は何も匂いません。
今後、どうしようかなあ。。。。。
こんもり可愛く咲いているのですよ。。。。

母の日 (2).jpg

19383.jpg
母の日 (3).jpg
(↑一番右端がカスミソウ。一番左がキンセンカ。キンセンカはその右の白いパンジーと同じ大きさだったのに、2倍以上になりました☆)
posted by ゆま at 19:39| 東京 ☁| Comment(2) | うちの庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする