2018年04月22日

スイッチ

悲しいことがありました。
でもその渦中にいると、なかなか泣いたりしないできないものです。。。
しかし普通の瞬間にふとスイッチが入ってしまって、涙がワーワーあふれることがあります。
主人がそう。なんですよ。

テレビのお笑いを見てるとき、
普通の会話をしてる時、
スマホでゲームをしてる時。

気づくと涙がバーバー流れていて
『あースイッチが入っちゃったんだ』
と思います。

私は自転車に乗って通勤しているときに、シャボン玉の歌がふと浮かんできて、
とっても困りました。。。。





posted by ゆま at 14:13| 東京 ☀| Comment(0) | 抗がん剤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院の意味

色んなことがあって、久しぶりにシーサーブログ(このブログ)を見てみたら、リニューアルしていました。
ご覧いただいている方からはわからないんですが、書く方はだいぶ変わってずいぶん書きやすくなっていました。

書こうと思えば書けることは色々あるんですが、おいおい書いて行こうかなーと思います。

で、今日は「入院の意味」です。
今日のYahoo!ニュースで再入院した人(沖縄県知事 膵臓に腫瘍疑い)の話が載っていたところから思い出して書くのですが、
昔と今とでは入院の意味合いが変わってきたところがあると思います。
病院によって、地域によっては昔と変わらないところもあるかもしれません。
癌治療と同じで、全てが混とんとしている、という感じかもしれません。

ですので、場合によっては間違っているところもあるかもしれませんが、それは目をつぶっていただいて、
2018年4月段階では、癌の場合、
①かなり重い手術でも、短期入院が多い。
②抗がん剤治療も、外来で行うことが多い。
以上急性期病院。
というわけで、昔の生命保険に入っている人は、特約を見なおした方が良いです。
どうしてかというと、昔の生命保険の入院特約は「5日以上入院した場合、2日目から入院給付金が出る」みたいな形になっていることが多いから。

国の保健の点数の付け方が変わったらしく、さっさと退院を励行しているようです。また、抗がん剤もよっぽどでないと入院させないみたいです。これは病院によるのかな。。。。
「抗がん剤で免疫状態が下がっている人は、病原体がうようよいるであろう病院には近寄らないで」ということかもしれません。
抗がん剤で便秘のひどいのや、皮膚炎のひどいのや、歯の痛いのや、具合の悪いのや、目の痛いのや、喉の痛いのや、腰の痛いの……
になった場合は、街中にある普通の皮膚科、歯科、内科、眼科、耳鼻科、整形外科に普通に歩いて行ってかかることになるわけですので、それもどうかな、と思いますが、とにかく入院は何かなければさせてくれません。

あれ、入院について、このこと以外に何か書こうと思って書き始めたのですが、ちょっと忘れてしまいました。思い出したらまた書きます。

posted by ゆま at 12:40| 東京 ☀| Comment(0) | 抗がん剤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

仮病だったらいいのに

復帰して一週間たちました。
最初は腫れものに触るようだった社員も、
『あれ?ふつうじゃん』
と思ったみたいで全くふつうに接してくれるようになってきました。 
また、私もだんだん仕事を思い出してきて、徐々にこなせるようになってきました。

でですねえ、私自身も
『おやま、私は癌患者なのかな?』
と思えるぐらい、ぐんぐん元気なのです。

ちょっと走ると息が上がってハアハアするけど、
自転車に乗ったぐらいじゃ平気です。
上司が、
「相変わらずの健脚だねえ」
というくらいです。

……なんだか申し訳ないな。

しかし、私はPAもあるから、前みたいにいきなり血圧と心拍数がとんでもなく上がって
ぱったり倒れてしまう可能性もないでもないので、
自重することにしよう……



posted by ゆま at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

リンクOKです☆

リンクОKです☆

posted by ゆま at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

キツネとタヌキと牽制球

人生や人間関係の達人の中に身を置くと、
自分のいたらなさやふがいなさや何もかもの負の部分が浮き彫りになってしまって、
いたたまれなくなることがあります。

ああ……。



posted by ゆま at 14:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

公園

あと1年の命だったら何をしたいかな、と考えました。
(でも人間は、自分の寿命がわからない生き物だそうなので、私の実際の寿命はあと40年ぐらいあるかもしれません。)
仮に、あと1年だとすると、何をしたいかな。
通勤中に自転車を漕ぎながら、考えてわかりました。

『そうだな。あと1年だったら、四季を感じてから死にたいな』

で、私は気がつきました。
『自宅から職場までって、○○公園の中を通って行けるじゃん』

そうなのです。私はここ十何年も〇〇公園の外側をぐるっとまわって自転車を漕いで通勤していたのです。
おお、なんともったいなかったことか。

それで、一昨日、お試しでちょっと早めに家を出て、○○公園の中を通って通勤してみました。
おお!!
木々が、違って見える!!
多くの大木が、ゆっさゆっさと私を手招きしているような感じなのです。
緑も、薄い緑、濃い緑、桜もソメイヨシノは散っちゃったけど、公園だから他の桜もいっぱい咲いています。

うちの近くの門から職場の近くの門まではちょうど公園を斜めに横切るような感じになります。
(といっても、うちからうちの近くの門まではわりと近いけど、職場近くの門から職場までは遠いのですが……)

途中、梅園もあり、源平枝垂桜なのか源平しだれ梅なのか、源平しだれ桃なのか、ちょっとわからないけど、見事な赤と白とピンクがいっぺんに咲いた木があり、それを過ぎるとチューリップがこれでもか、って狭い範囲に咲いている場所があり、それから門になります。

あー、四季(春)を感じるわー。

朝早いので、太極拳のお年寄り(?)グループが何組かいるぐらいで、公園は超空いています。
私のためのサイクリングコースみたいですー☆
ってわけで、20分ほど早めに家を出ると、○○公園コースを満喫できることがわかりました。

……新宿御苑も〇〇公園も公立の公園なんだけど、新宿御苑は200円。○○公園は無料。
新宿御苑は自転車不可(たぶん)。○○公園はOK☆彡
すんばらしい!!

初日は超感動しました。

でもねえ、、、、、
帰りは暗いのと疲れちゃったのとでよろよろ帰りました。
公園の中は暗いので、帰り道は普通の道の方が良いかな。
さて職場に復帰して今日で一週間(5日)過ぎました。
(最初は巨大な建物ばかりでビックリした)表参道もだんだん慣れたように、○○公園通勤にも慣れてきました。。。

四季を何度でも感じることができるように頑張って通勤しよう。







posted by ゆま at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

若者がいっぱい

職場に復帰して、数日経ちました。
まだまだ本格的な復帰には至らず、心身ともにうろうろしている状態なのですが、
休職前と劇的に環境が変わりました。
それは……

我が支社の男子の比率がすごーーく上がっていたのです。
女子がいなくなり、その代わりに男子がたくさん入ってきていたのです。

だから、
右を見ても左を見ても男子ばっかり。
しかも、
若者:おじさん=2:1
ぐらいの割合です。

女子は、
若者:おばさん=1:5
みたいな感じです。

だから、
若者男子:おじさん:おばさん:若者女子=20:10:5:1
みたいな感じです(笑)
若者女子なら、両手両足に花、ってところです(笑)

さて、わたしが、「おお」と思ったことがあります。
それは、
私が病気休職する前に、
「女子の一生は色々ある。でも頑張ってみんなで乗り切ろう!」
と女子会を開いてくれたあるお姉さまが、
大勢の若者男子たちもちゃんと手懐けて、率いていたことです。
すごいな。

職場の裏の親分ですねー。



posted by ゆま at 00:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

お寿司が好き

私はお寿司が好きです。
高級寿司は縁がないので、
廻るお寿司やさんが好きです。

白血球数が1000代(まだまだ2000行きません)だけど、生もの食べても特にどうってことはなさそうですよ。
ってわけで、今日行ってきたわけじゃないけど、好きな(まわる)お寿司やさんを発表したいと思います。
できれば、まわるお寿司やさんでも、まわってないのを注文するのが好ましいです。。
「くら寿司」も「魚べい」も良いですが、私のベストスリーを発表しまーす。

では、第3位から。
「桜すし」
西武新宿駅 すぐ。
値段は色々だから、気を付けないと金額が高くなっちゃうけど、美味しいと思います。
茶わん蒸し、イチオシです。

次、第2位。
「天下寿司」
吉祥寺駅南口 階段を下りて右に行くと右手にある。
大トロ、ボタンエビ、良いですねえ。
値段も安くて125円とか3つで180円とかです。ランチサービスの時は100円のときもある。
おばさんたちが並んでいますねえ。「孤独のグルメ」の通りです。

栄えある第1位は・・・・
「もり一」(もりいち)
田端駅 すぐ。
150円均一。赤いすし飯です。
私はここが一番好き。
都立駒込病院に行くときは、お昼はここだな。
ここは、貼ってあるお品書きの字もきれい。お習字が上手な人がいるのかな。
雰囲気も良いし。

さて、第1位はもう一つあります。
「美登利寿司」
目黒駅 アトレの1階の奥。
値段は均一ってわけじゃないけど、美味しいです。

吉祥寺駅のアトレにもありますけど、
目黒駅の方がいいかな。
吉祥寺はネット予約がとれるから、そういうのを取った方が良い人は吉祥寺も良いと思います。

梅が丘の本店には、もう何十年も行ってないなあ。はじめてアナゴ寿司を食べたときはびっくりしました。大きくて。。。

・・・・さて、しかしながら、私はサミットストアのお寿司も好きです。
サミットストアの一人前600円台とか800円台のお寿司で十分なんですのよ。私。おほほ。


続きを読む
posted by ゆま at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

職場に復帰した

職場に復帰しました。
というか、させていただきました。
ああ、昨日の夜は、遠足の前、とか、入試の前、とか、デートの前日、とか
そういうのともちょっと違う緊張感で、早く寝たのですが、何度も起きてしまいました。

いろんな人に迷惑かけちゃったので、どんな顔して復帰すべきか、合わせる顔がない、と思いました。
朝、早く起きて、うろうろしていたら、次女が大きなおむすびを作ってくれました。
それを持って自転車に飛び乗って、自転車を漕ぐうちに、気持ちも収まってきました。

職場につき、一通り挨拶を済ませたのですが、私の姿がすっかり変わってしまったようで、
「新入社員かと思った」と何人かに言われました(笑)。
わはは。もちろん冗談ですよねー☆
気を遣ってくれて、簡単な作業を一緒にしてくれたりして、ありがたかったです。

なるべく迷惑かけないように、ちゃんと自分のことは自分でやって、おとなしく勤めよう、と決心を新たにしました。
posted by ゆま at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

アメリカのお医者さんに関するジョーク(Medical Jokes)

Facebookを見ていたら、
  1. 内科医は何でも知っているが何もできない。
  2. 外科医は何でもやるが何も知らない。
  3. 精神科医は何も知らないし、何もできない。
  4. 病理医は何でも知っているし何でもできる、しかし遅すぎる。
みたいなことを書いている人がいて、アメリカンジョークのようだとわかりました。
しかし、 
  1. 内科医は何でも知っているが、何もしない。
  2. 外科医は何も知らないが、何でもやる。
  3. 病理医は何でも知っていて何でもやるが、たいていは手遅れである。
って言っている人もいて、これって意味が微妙に違うような気がするのだが、って思っていました。
だって、「できない」のと「しない」のは違うじゃんねー。
微妙に違うって言うか、大違いじゃん、って思っていました。

アメリカンジョークなら、canとかdoとかが、どんな感じなのかなーというのが気になるところです。(英語出来ないのにそういうのは気になるのですねえ)

色んなバージョンがきっと英語でもあるんだと思いますが、こんなのがありました。↓

What's the difference between a physician, a surgeon, a psychiatrist, and a pathologist ?

The physician knows everything and does nothing.
The surgeon knows nothing and does everything.
The psychiatrist knows nothing and does nothing.
The pathologist knows everything, but always a week too late.

とりあえず、「can」は入っていませんね。だから、できるとかできない、ではなさそう。
結構簡単な英文ですが、とりあえず、Google先生に聞いてみよう☆彡

(Google先生の訳)
医師、外科医、精神科医、病理学者の違いは何ですか?

  医者はすべてを知っていて、何もしません。
  外科医は何も知らず、すべてをします。
  精神科医は何も知らず、何もしません。
  病理学者はすべてを知っていますが、常に1週間遅れています。

ほう。
physician というのは医者の形式ばった言い方であり、内科医、ということでもあるのだな。
そしてこのジョークはどっちかというと、病理医に関して言っていることであり、前の三つは前置きなのだな、
っていうことがわかるような気がしますー。(合ってるかな)。

アメリカンなブラックジョークだから、
病理医は解剖の結果、その人の病気について何でもわかるけど、
残念ながら死んだ後にわかるから、その人にとっては手遅れ、
ってことを言いたいわけなんですねー。

なーんだ。
Facebookでは、内科医(癌だから腫瘍内科医)と外科医に関してお互いに揶揄するようなニュアンスがあったように感じたけど、全くそういうことじゃなかったんだなー。

日本では病理医はまだまだ少なくて、芦田愛菜ちゃんが「目指したい」とか言って俄然脚光を浴びている様子なのだけれど、
アメリカでは多いから(未確認)、病理医に対するブラックジョークだったのね。。。。

↑もし私の見解が間違っていたら、誰か教えてくださいねー。

(私の訳)
内科医、外科医、精神科医、病理医の違いは何ですか?

  内科医はすべてを知っています。そして何もしません。
  外科医は何も知りません。そして全部をします。
  精神科医は何も知りません。そして何もしません。
  病理医はすべてを知っています。しかし、たいてい一週間遅いです。

Google先生の方が訳が上手だな。

昔からあるジョークなんだろうけど、こういうことかな。
癌のことだけに特化すると、

腫瘍内科医は抗がん剤や分子標的薬など治療のことはすべて知っているけれど、外科的侵襲はしない。
外科医は切るのが仕事だから、まずは外科的に全部切る。
精神科医は癌治療については範疇外なので何もしない。
病理医は患者が死んだ後に解剖するのですべてを知ることになるが、患者にとっては手遅れ。

こういうことを言っているのでしょうね☆

あ、そうそう。
腫瘍内科医の先生が、
「乳腺外科医の先生達は、抗がん剤や分子標的薬やホルモン剤のことを良く知っている」
っておっしゃっていました。
そういうところが、他の外科と乳腺外科とちょっと違うところかもしれませんね。
だから、このブラックジョークは乳腺外科に関しては、うんとちがうと思いますねー。
わたしはこれを付け加えとくことにします。

「乳腺外科医は乳腺のことについてすべてを知っていて、すべてをします」

英語だとどうなるかなー。
The breast surgeon knows everything and does everything.
 かなー。
posted by ゆま at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする